FAQ

よくあるご質問

SELLING

不動産売却について
  • Q.

    売却の価格はどのように決めるのですか?

    A.

    まず当社が不動産査定を行い、その価格をもとに、お客様と相談の上、売却価格を決定します。一般的な相場価格を判断材料としてお示しするほか、売却に関する諸費用の説明も丁寧に行いますので、ご安心ください。

  • Q.

    住みながら売却することは可能ですか?

    A.

    もちろん可能です。中古物件では、多くのお客様がお住まいになりながら売却を進めておられます。また、見学したいお客様が、突然お住まいに来られることはありません。内覧される場合は、必ず事前にご連絡を入れ、当日も当社スタッフがご案内しますので、ご安心ください。

  • Q.

    売却代金はいつ支払われるのですか?

    A.

    売却代金は、手付金としてまず5〜10%をいただき、そのおおよそ1ヶ月後に残代金をもらうケースが一般的です。売却を急がれる場合や1回でのお支払いをご希望の方は、当社まで一度ご相談ください。

  • Q.

    ご近所に知られたくないのですが、広告を出さなくても売却できますか?

    A.

    もちろん可能です。近隣の方の目につきやすい新聞折込やチラシポスティングなどは行わず、当社の不動産ネットワークなどを活用しながら、興味のある方だけに情報をお届けすることが可能です。

  • Q.

    売却前に、リフォームは必要ですか?

    A.

    一般的に、売主様がリフォームを行う必要はなく、購入後に買主様が自己負担で行うケースが多いです。ただし、一部でもリフォームを行って建物の印象が良くなると早期に売れることがありますので、担当者にご相談ください。

  • Q.

    売るときに必要な諸費用には、どんなものがありますか?

    A.

    諸費用の金額は、売却される不動産により異なりますが、主な内容は以下の通りです。詳しくは、お気軽に当社までご相談ください。
    (1)仲介手数料
    (2)測量費用
    (3)取り壊し費用
    (4)登記費用

BUYING

不動産購入について
  • Q.

    頭金はどのくらい必要ですか?また、頭金がない場合は購入できませんか?

    A.

    一般的に、頭金は購入価格の10%~20%に設定する方が多いと言われています。ですが、金融機関によっては100%のローンや諸経費も含めたローンの利用が可能な場合もあります。年収や現在の借り入れ状況などによって、利用の可否や借り入れ限度が決まりますので、まずは一度ご相談ください。

  • Q.

    不動産購入の際に、諸費用はどのくらいかかりますか?

    A.

    不動産購入の諸費用は、目安として購入価格の5~8%です。内訳としては、印紙税・登録免許税・不動産取得税等の税金のほか、火災保険などの保険料、住宅ローンを借り入れる場合は、ローンの事務手数料と保証料なども含まれます。

  • Q.

    仲介手数料はどのぐらいかかりますか?

    A.

    仲介手数料は、国土交通大臣によって定められ、その額を超えて報酬を受けてはならないとされています。取引金額によって以下のように金額が変わります。
    (1)取引金額が200万以下…5%(税抜)
    (2)取引金額が200万円を超えて400万円以下…4%(税抜)
    (3)取引金額が400万円を超える…3%(税抜)
    ただし、(3)の場合は単純に総額の3%が報酬額とはなりません。総額のうち、200万円以下の価額分には5%、200万円から400万円の200万円分は4%、400万円を超えた分については3%の報酬額となります。同様に(2)の場合は、総額のうち200万円以下の価額分には5%、200万円を超えた分について4%が報酬額となります。

  • Q.

    周辺環境について詳しく知りたいです。周囲にどんな方がお住まいか分かりますか?

    A.

    個人情報でなければ、当社で周辺環境を調査したり、売主様から情報を得たりしてお伝えすることが可能です。物件の見学にももちろん同行しますので、周辺エリアの雰囲気もご覧いただき、気になる点があれば遠慮なくお尋ねください。

  • Q.

    中古住宅の場合、リフォームは売主・買主どちらが行うのでしょうか?

    A.

    リフォームは、買主様のご意向に左右されることが大きいため、一般的に買主様のご負担で行うことが多いです。しかし中には、売主様が時流に合わせた使い勝手・デザインにリフォーム&クリーニングした後、売り出されることもあります。

  • Q.

    価格など条件の調整は可能ですか?

    A.

    売主様との条件調整はできる限りさせていただきます。しかし、売主様は単純売却・買換・相続など様々な事情を加味された上で金額を設定されていることが多いため、ある価格以下ではお売りすることができないケースもあります。価格の代わりに、引渡条件や付帯設備などで調整することもありますので、まずは一度ご相談ください。

RENTING

賃貸(貸す)について
  • Q.

    仲介手数料はどれくらいかかりますか?

    A.

    当社では、物件や貸主様のご要望に応じて仲介手数料を設定していますが、その上限額は宅地建物取引業法によって以下のように定められています。目安としてご参照ください。
    (1)依頼者の一方から受け取る報酬は、「家賃1ヶ月分×0.5+消費税」を上限とする(居住用建物については、依頼者の承諾がある場合を除く)
    (2)依頼者双方から受け取る報酬の合計は、「家賃1ヶ月分+消費税」を上限とする
    例えば、家賃10万円の賃貸物件の場合、貸主様・借主様がお支払いされる仲介手数料の上限は10万円+消費税となります。

  • Q.

    入居者の募集はどのように行っていますか?

    A.

    店頭でのご紹介のほか、既存のお客様へのご紹介、大手仲介ポータルサイトにも情報を掲載するほか、大手仲介会社でも広く募集活動を行なっていきます。

  • Q.

    入居者の審査はどのように行うのですか?

    A.

    入居希望者の身分証明書や、申込書の記載事項(職業・収入・保証人など)に基づき、貸主様に貸し出しの可否をご判断いただきます。外部の審査期間も活用して、しっかりと審査を行いますのでご安心ください。

  • Q.

    各種点検や保守などの管理業務も行ってもらえますか?

    A.

    はい。入居者様からの各種要望・クレームへの対応、設備の点検・保守、滞納家賃の回収など、管理業務を全てお任せいただけますのでご安心ください。

BORROWING

賃貸(借りる)について
  • Q.

    初期費用はいくらぐらいかかりますか?

    A.

    初期費用としては、敷金・礼金・前家賃・仲介手数料・火災保険・保証料等が必要となり、概ね家賃の4.5〜5倍程度と言われています。しかし、物件により異なりますので、一度当社までお尋ねください。

  • Q.

    保証人なしでは部屋を借りられませんか?

    A.

    連帯保証人を立てるのが難しい場合、物件によっては保証会社をご利用いただくことで貸主様とご契約いただけます。保証会社のご利用には、審査のための書類提出、保証料のお支払い等が必要になります。

  • Q.

    部屋を借りる時に必要な書類を教えてください。

    A.

    賃貸借のご契約には以下の書類が必要となります。
    ◯入居者様全員の続柄記載の住民票
    ◯借主様の実印(銀行口座引落しの場合、銀行印)
    ◯借主様の従業者証明書または健康保険証(会社名の明記されているもの)
    ◯自営業等で会社名が記入されていない場合は、借主様の印鑑証明書
    ◯借主様の収入証明書

    【給与所得者の方の場合】
    ◯源泉徴収票(勤務先の社印の押印してあるもの)
    ◯住民税課税決定通知書(前年度収入、住民税額が記載されているもの)
    【個人事業者・給与以外の収入があり確定申告をしている方の場合】
    ◯納税証明書
    ◯連帯保証人様の印鑑証明書
    ◯連帯保証人様の実印
    ◯法人契約の場合、会社概要(パンフレット)、会社謄本、会社印鑑証明
    ※物件により、上記の他に必要な書類をお願いする場合もございます。

  • Q.

    賃貸借契約期間の途中でも退去できますか?

    A.

    一般的に、賃貸借契約は2年間とされることが多いですが、契約期間の途中でも退去いただけます。ただし契約書にある「解約予告期間」を守っていただく必要があります。解約予告期間が1ヶ月とされている場合は、1ヶ月前までに解約予告を行うか、解約の申し入れをした日から1ヶ月分の家賃を払うことで契約を解除し、退去いただくことが可能ます。解約予告期間は物件によって異なるため、賃貸借契約書をよくご確認ください。

物件へのお問い合わせ・
不動産売却ご相談など

0532-39-8827

受付/9:00〜18:00
(日曜・祝日を除く)

お問い合わせ